2013年04月02日

プリンセス文庫『虹色ネイリスト』配信開始しました〜☆

虹色ネイリスト


昨日、携帯サイト『いまよむ』さんで、三雲詩子の小説、第二弾、『虹色ネイリスト』が配信開始されました☆

はあ〜、思えば、去年の今頃から企画を考え始めていたわけで、一年もかかってしまいました。。。
お、遅い。。
ほんとは去年の夏にはできあがってる予定だったんですがね〜


でも☆
時間がかかっても、じっくりと待ってくださった編集部様に感謝。
途中、何度も挫折しそうになった私を、毎回優しい言葉で支えてくれた福岡の親友に感謝。
そして、苦労していることを、時折この場所で愚痴ったとき、励ましの言葉や気持ちを送ってくださった皆様に感謝。

本当にありがとうございます!




続きを読む
posted by kanaliyahouse at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月25日

お花見おにぎり

お花見おにぎり

今年は桜が早くてびっくりですね〜
私もおにぎり持って、仲のいいお友達とお花見にでかけました☆

楽しかったな〜

しかし。
おとつい、ぽかぽか陽気の中、お花見したと思ったら、今日は冬みたいに寒くてブルブル。。
桜ちゃんも寒くて震えてるんだろうな〜


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月20日

企画が落ちた〜

昨日、編集部から電子書籍の第三弾の企画の返事が来ました。
うう、ダメでした〜

第二弾を書いてる最中から、次はこれで行こう!と決めていた、構想半年の企画でした。
あえなく落選だ〜
はあああ〜

参考文献、いっぱい買ったのにな〜
もったいない〜

昨日は悔しくて眠れませんでした。


これが小説じゃなかったら、編集者と喧嘩別れして一生会わないんでしょうが、小説は別。





続きを読む
posted by kanaliyahouse at 12:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月04日

日本100巡礼 思いの道・願いの道 高野山を観ました☆

先週、毎週楽しみにしている、BS日テレの日本100巡礼 思いの道・願いの道を観ました。
巡礼の地は高野山でした。

高野山。。。
一度は行ってみたいと思いつつ、未だ行けていない場所。
でも、きっと死ぬまでに一度は行くだろうと思っている場所。

とはいえ、どんな所なのか全然知識がないんですねえ。弘法大師 空海さまが開いた、仏教の重要な場所だってことは学校で習いましたが、よくわかんない、というのが本音です。

ここ数年は、丸の内で行われている高野山カフェなるイベントがすごい人気で、へえ〜と思っていました。

きっと高野山カフェに集まっているOLさんの中にだって、私のように、よくわかんないけどなんか気になる、って人は多いんじゃないかな、って思います。
よくわかんないけど、高野山と聞くと、何かこう、ワクワクしちゃう。
厳かで、ピンと背筋を伸ばしたくなるような気持ちと、からだのどこかが熱く燃え立つなるような、不思議な気持ちが同時にあって。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月01日

花粉症で発熱。。

月曜日、会社に着いた途端に花粉症になりました。。
鼻がかゆくて、くしゃみが止まらず、からだがダルくなって。。

常備しているマスクをつけましたが、どんどんひどくなり、翌日には発熱。
そうそう、私は毎年二月に花粉症で発熱するんだったよなあ。。と、今さらのように思い出しました。

でも、熱が出ても、意識が朦朧としても、仕事を休むわけにはいきません。

今、プログラマーの仕事は大繁盛で、今年の9月まで予定がぎっしり。
次々、いろいろなご依頼を頂くのですが、よほど緊急性の高い案件以外はお待ちいただいている状態なんです。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | からだのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

木曽ひのきとオレンジのお風呂用ブレンドオイル

久しぶりにエッセンシャルオイルのブレンドを作りました。

寒いし、あったかいお風呂用のブレンドがいいな、と思って、木曽ひのきとオレンジのブレンド。

以前、銀座のアロマセラピーショップに勤めていたとき、お客様に頼まれて作った、思い出のレシピです。

お客様。。。といっても、友達でもあるYさん。
結婚式の引き出物としてのご注文だったので、新郎新婦のイメージからブレンドを考えたんです。

新婦さまは、外国旅行が大好きで、明るくってみんなの人気者。
彼女が現れると、ぱあっと場が華やいで、みんな笑顔になる。
親しみがあって、みんなが大好きな香り。。。うん、オレンジがぴったり。

そして旦那様は、背が高くてどっしり落ち着いていて、優しくって、ほのぼのした感じのひと。
ひのき、って感じ。

そのふたつを合わせてみたら。。。



続きを読む
posted by kanaliyahouse at 22:08| Comment(2) | TrackBack(0) | アロマセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

原稿オッケー☆

さきほど編集の方からメールがあり、今度こそ原稿オッケー☆
ほっとしました。。。

これから、文字校正やタイトル決め、表紙のイラスト作成などなどを経て、配信となります。

でもまあ、原稿ができてしまっているので、あとはラクなものです。
ほとんど編集の方がやってくださるし。

小説家は小説を書くことしかできないので、
書いたものを作品として仕上げ、読者の方に届けていただく、という作業は編集の方のお力が必要になります。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 携帯書籍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

今日は旧暦2012年最後の満月

今日は旧暦2012年最後の満月です。
そう。
旧暦ではまだ、2012年なんですよ。
だからどうだ、というわけではないのですが、ついさっき、やっと、電子書籍第二弾を書き上げ、編集の方へメールしました。。。

ふう。。
長かった。。。

いや、ほんとは11月に一度書き上げた!と思ったんですけどね。
編集からNGが出て、書き直すことになって。
だから、今日、送ったものももしかしたら、また戻って来ちゃうかもしれないんですが。

なんとなく、旧暦中には書き上げたいって思ってたんですよね〜


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 17:32| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

さようなら、柴田トヨさん

101歳の詩人、柴田トヨさんが亡くなりました。

数年前、会社のすぐ近くの丸善で、『くじけないで』という詩集が平積みされていたのが、私がトヨさんを知ったきっかけでした。当時98歳のトヨさんが新聞の読者投稿欄に出した詩が評判になり、出版、ついにはベストセラーになった。。

会社の昼休み、ふーんと思って、かわいらしい黄色とピンクの縞の本を手に取り、ぱらぱらっとめくって何編か詩を立ち読みさせていただいたのですが。

私、泣いてしまって。
売り物の本を汚してはいけないと、すぐに棚に置いて、オフィスに戻ったのですが、しばらく気持ちが揺れて、仕事が手につきませんでした。

ほんの一瞬でトヨさんに魅了されてしまった私。
秒殺でした。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月20日

「夜のとばりの物語 ―醒めない夢―」を観てきました☆

ずっと楽しみにしていたミッシェル・オスロ監督の「夜のとばりの物語 ―醒めない夢―」を観てきました。

新宿のバルト9で観たのですが、ビルの前にびっくりするほど人が並んでいて、映画館に辿り着けるのはいつになるのかしら。。とクラクラしました。
どうやら、同じ劇場でやっている、ゲキ×シネ「髑髏城の七人」が大人気みたいで。

でも、「夜のとばりの〜」も満席でした。
みんな映画が好きなのね。
映画館にひとがいっぱいいると嬉しくなる。
また行こうっと。




posted by kanaliyahouse at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月05日

福岡でJIN、東京でもJIN

この年末、福岡に帰省したことは書きました。
12月29日、ホテルのテレビをつけると、JINを一挙再放送していたので、しばらく見ちゃいました。
実家でも父と母と一緒にJINを見ました。

父と母はタイムスリップとかSFっぽい部分はイマイチ??みたいでしたが、JINは手術場面が迫力があるし、物語が面白いので一生懸命見ていました。

家族でJINを見たのは初めてだったので、なんだかジンとしつつ、東京に戻ってみると。。。

なんと、東京では年明け2日と3日にJINを再放送してたんですねえ〜
JINは何度見ても面白いので、年賀状を作りながら、またまた見てしまいました。。

JINまみれの年末年始だったな〜
posted by kanaliyahouse at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月02日

雪の元旦

雪の元旦



明けましておめでとうございます。

目が覚めたら、真っ白になっていました。
雪のお正月。温かいこたつで、母のおせちとお雑煮でお祝いをしました。

「おはようございます。今年もよろしくお願いします」
と、家族に挨拶をして、さあ頂きましょう、と膳についたら、

「あれ?」
と、父。
「あれはどこへやったと?」
「その奥にあるよ」
母がこたつを指さすと、父がこたつのテーブル板の下をもぞもぞ。
テーブル板を持ち上げすぎて、危うくお雑煮をこぼしそうになりながら、何やら必死で探しています。

「ないよ〜」
「あるってば」
「そげん奥にやったと〜」
「危ない〜」

ひとしきり騒いでから、やっと父が取り出したものは。
続きを読む
posted by kanaliyahouse at 18:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

みなさま、良いお年を!

今から福岡へ帰省します。

今回も、航空券&ホテルつきフリープランで帰るんですけれども、やっぱり年末は高い〜
普通に29日とかで帰ろうとするとばかばかしいほど高く、ちょっと前倒しして27日に。

そして東京へ戻るのも、2日や3日に帰ろうとすると、なんと2万7000円もプラスされるというので、泣く泣く元日に。4日、どうしても出勤しないといけなくなったので、しかたないんです〜

はあ〜

しかし、2013年の蠍座はめっちゃ動き回るほどに運勢が上がるのです。
のんびり屋の私ですが、2013年は動け!ってことかな。

一年の計は元旦にあり!っていいますしね。

みなさんも良いお年を!!!
posted by kanaliyahouse at 07:53| Comment(8) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

二足のわらじ

今、お世話になっている会社に入る前、つらい職場にいたことは書きました。

何がつらかったかというと、そこには「派遣社員の挨拶は聞こえない」社員の方がいたからです。
朝、おはようございます、と言っても聞こえない。
同じ社員の方からの挨拶には答えているのに、私たち派遣社員の挨拶にだけ無反応。。。

私と一緒に入った同じ派遣会社のプログラマーAさんが、彼女の指示がないために仕事の続きができず、三日間待ち続けていたら、
「三日間何もしなかった」といってAさんを責め、試用期間の二週間でAさんを切ってしまったこともありました。

私は試用期間はなんとか突破したものの、ほどなくして派遣期間を満了。
その後、今いる会社に移ることになったのですが、もし、あのままあそこに居続けていたら、どんなふうになっていたんだろう、と思うことがあります。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

まだ書いています。。。

今年の4月、電子書籍ながら、念願の作家デビューを果たしたことは書きました。

その後、6月には第二弾のオファーをいただき、さっそく執筆を開始したのですが。。。
編集部も私も、たぶん8月くらいには出来上がるだろうと思っていたのですが。。。

じ、実は、まだ書いています。。。

初稿はやっと上がったんですけどね〜
ちょっと書き直すことになり、まだ直してる。。。

ふう〜
私がぐずぐずしてる間に、プリンセス文庫は他の作家の皆様も参加なさり、続々と配信されております。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

あれから二週間たって、思うこと



星の達人Nさんがケアンズの皆既日食の動画をアップしてくださいました。

あの〜。。
ちなみに、画面右端に映ってるのが私です〜

つい2週間くらい前のことなのに、もう何ヶ月も前のことのような気がしています。





続きを読む
posted by kanaliyahouse at 19:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 地震のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

約束の朝

私の日食


日が昇り、空が明るくなると、雲が空を覆っているのがはっきり見えて、ああ。。。と私たちは落胆しました。
夜の間は、あんなに星が見えていたのに。。。

刻々と日食の時間が近づいてきます。

「第1接触まで、あと1時間」とか、星の達人のFさんが教えてくれます。

あ、そうそう。
月と太陽が重なり始める、そのときのことを、「第1接触」と言うのだそうです。
完全に重なる瞬間のことを「第2接触」、皆既日食の終わりを「第3接触」、
月と太陽が完全に離れるときを「第4接触」。

皆既日食は第2接触から第3接触までの間、
第1から第2、第3から第4までが部分日食です。


うひー、なんだかかっこいいですね〜

しかし。。
雲が空を覆っている間に第一接触は終わってしまいました。
せっかくカウントダウンしてたのに、なんとなく空が薄暗くなったような気がするだけで、「日食が起こっている」という実感はゼロ。

うう〜ん、全く見えない。。。
そして全く見えなくても、太陽と月はずんずん重なっていってるらしく、だんだん、空が暗くなっていく。。
ような気がする。。。

曇ってるからもともとちょっと薄暗いし、ちょっとずつ光が減っていくと、それに目が慣れていくわけで、全然わかんないんですねえ。

「晴れろ〜、晴れてくれ〜」
という願いもむなしく、雨がざーっと降ってきたり。

だけど。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 19:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月19日

アボリジニの丘の、極上の夜

ケアンズの夜


出発は夜中の12時。
誕生日の夜、私は7時にはベッドに入りました。

しかし。。。
全く眠れず!

30分おきにお手洗いに行きたくなり、目が覚めてしまう。。。
同室のMちゃんに申し訳ない。。。と思ったら、MちゃんはMちゃんで目がさえて、しょっちゅう起き上がってはベランダに行き、空を眺めている。

一睡もできないまま、バスへ。

寒さへの恐怖。雨の心配。そして寝不足の疲れ。

しかし。。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 20:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月18日

夏のケアンズで寒さ対策

ケアンズの海


11月14日の皆既日食まで、あと二日。
私は寒さと雨対策のことで頭がいっぱいになりました。

吹きっさらしの山の上で6時間耐えるための装備。

まず、絶対必要なのはカッパです。

私はさっそく添乗員さんからもらったばかりの地図を片手に、ケアンズセントラルというショッピングセンターを目指しました。

しかし、お土産物やお洒落な服やネイルサロンなど、華やかなお店はあるものの、カッパなどという、生活密着型のものは見当たらず。。。
私が困った顔をしていると、優しそうな店員さんが
「何かお探しですか?」
と、話しかけてくださいました。
嬉しいことに、日本人の女性です。

私が訳を話すと、店員さんは一生懸命考えて
「それなら、ウールワースに行ったらいいですよ」
と教えてくれました。
ウールワースはいわゆるスーパーマーケットで、たとえウールワースにカッパがなくても、あの辺りは安い生活雑貨の店が集まっているから、きっとみつかる、と。

私はお礼を言って、すぐにウールワースへ。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

アボリジニの丘

アボリジニの丘


おとつい、無事帰国しました。


写真は、観測地のアマルー。通称「アボリジニの丘」です。
この丘で、2000人の仲間達と皆既日食を見てきました。

ふう〜、いい旅でした。。。

いい旅になったのは、ツアーで一緒になった優しいひとたちのおかげ、ケアンズという可愛らしい街のおかげ、プロフェッショナルな添乗員さんたちのおかげ、ふとすれ違った沢山のひとたちのおかげだと思います。

でも。。。
それは結果論で、ツアーは結構ハードでした。
私が悪いんです。

実は、直前まで、私は必死で小説を書いていて、せっかくツアー会社のひとが用意してくれていた、旅行の日程表や皆既日食の心得みたいなものをほとんど読んでいなかったんです。

高いお金を払うツアーだし、行けば自動的にバスに乗せてもらえて、日食を見せてもらえると思っていた。。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 18:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。