2011年09月24日

台風一家

今週の水曜日の台風はすごかったですね。
私も井の頭線で帰ろうと電車に乗った途端に全線ストップしてしまい、二時間半ほど足止めをくらいました。

ニュースでは3月11日とおんなじ帰宅難民問題として取り上げられましたが、私の印象としては、あの日ほどじゃなかった。あの日はほんとにもう大混乱で、ほかに行き場もないのに駅にすら入れなかったけど、今回は電車の中でずーっと座れていられたし。

何より、台風だから、じっと待ってさえいれば、じきに治まることがわかっていたので、これからどうなるんだろう、みたいな、未知の恐怖みたいなものは感じませんでした。

それにしても、台風が過ぎてすぐのとき、「台風一過」って、よく言いますけど、私にはどうしても「台風一家」と聞こえます。
なぜでしょう。。

でも、想像するとなんだかカワイイ。
お父さん台風とかお母さん台風とか、こども台風とか、台風が一家で通り過ぎていったみたいで。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 台風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

携帯小説学校の終わりと台風9号

昨日、通ってる携帯小説の学校が最終回でした。
最終回だから、いつもは2時間の授業を1時間くらいでサクっと終わって、先生のおごりで打ち上げに行こう☆って、言っていたのに。。

台風9号が来る!ということで、打ち上げはナシ、授業だけ1時間で、サクサク帰ってしまいました。

ぐすん。さみしすぎる。

みんなもそう思ったみたいで、打ち上げだけは後日、日を改めてやることになりましたが。。

「悪いところもないけどいいところもない」
「ぱっと抜け出す個性がない」
「君みたいなのが一番困る」

キツイことを言われ続けた教室ですが。。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 09:19| Comment(8) | TrackBack(0) | 台風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月07日

台風のニュースにびびり。。

昨日の台風は亡くなった方も出て、26億円もかけて作った橋の足が流されたり、すごい被害が出ています。

今朝、福岡の実家に電話したところ、うちには被害は全くなかったとのことでした。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 07:08| Comment(5) | TrackBack(0) | 台風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

台風はわたしのルーツ

今日は10月10日。そう、以前の体育の日です。なんでこの日が体育の日だったかというと、晴れの特異日だから。でも、今日の東京はどんより曇っています。あなたの街はいかがですか?

昨日は台風で、とっても怖かったです。
私は九州の福岡出身なので、台風は慣れてるんですが、昨日のはすごく怖かったですね。だって寒いのに暴風雨なんですもの。

九州の人は台風に慣れてるから、台風の日でも平気で外出できるんでしょう、とか、よく言われます。
ちなみにそれ、全く逆です。

そりゃ慣れてるから、台風の規模とか、見抜く力は多少はあると思いますよ。ニュースでは明日いっぱい雨だろうって言ってるけど、今夜にはおさまるんじゃないかな、とか。

でも、台風が来る日は絶対外出したくないですよ。
どうしても行かなきゃならないとしたら、私はずぶぬれになってもいい服を着て、水たまりもざぶざぶ進める靴を選んで出かけます。
しかし、これはすごい規模のが来るなあ、と思ったら、誰が何と言っても家から出ない。

私は十年くらい、六本木のライタースクールに通ってます。昨日はスクールがある日だったのですけど、お昼過ぎに今日はどうしますか?っていう、電話がありました。
「先生は生徒が来るならやるって言ってるけど、あなたは来ますか?」と。
私はなるべく行きたくありませんと答えましたが、ああ、北の人たちのやり方だなあ、と感じました。
台風をなめてるわけじゃないのでしょうが、気力でなんとかなる、って思ってるのだなあって。
ちなみに先生は東北の方です。
九州の先生なら、問答無用で危ないから来るな、と言うんじゃないかな、と思います。

予想のつかないことが起こるのが台風です。
中学生のころ、九州に大きな台風が来ました。福岡はそうでもなかったのですけれども、親戚がたくさん住んでる大分はひどくて、その夏は海に行けなかったそうです。
どうして台風が過ぎた後も海に行けなかったかというと、海の中に、流されてきた箪笥とかテレビとかがごろごろ落ちてて、危なかったから。
箪笥で足切るき、海やら行かれんわあ。
おばちゃんたちは笑いながら話していました。

たぶん私にとって、台風って特別なものだと思います。
それは具体的な自然現象の意味でもあるし、もっと広い意味でもある。
つまり、何をどんなに準備して、がんばっていても、ある日突然やってきて、全てを奪ってしまう、大きな力です。

だからがんばらないっていう選択肢もあるだろうし、でもがんばるっていう選択肢もある。
私はでもがんばる派ですが、いつでも台風のことは頭に置いてる気がします。
ある日突然、大切なものを失くしても、誰も恨みません。うんと悲しむでしょうけど。だってそれは、台風なのですもの。

posted by kanaliyahouse at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 台風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。