2014年06月21日

野に咲く工芸 宙を見る絵画 藤井達吉展に行ってきました

藤井達吉展

渋谷の松濤美術館で、『藤井達吉の全貌』展を見てきました。
明治時代に土星を描いた不思議な画家。
暗い夜空に土星だけがぽこんと浮いた掛け軸なんて、達吉以外、どんな画家も描いてないんじゃないでしょうか。

作品は日本画や油絵、木版画、七宝、手透き和紙など、とても多彩で、ひとつの作品の中にいろんな技法を使っていて、とても面白い。麻布に絵を描き、刺繍で縁取ってみたり。

特に、トンボと百合の絵を描いた文箱やら、梅の花が美しい三段の重箱みたいな文箱やら、やたらと素敵な箱が気になりました。何を隠そう、私は無類の箱好き。一時期、狂ったように手作りの箱を作りまくっていた時代もあり、箱を見るとじっとしていられません。

えっと、占星術的に言いますと、土星というのは限界とか枠とかを表します。それは、長いこと太陽系の一番はしっこにあるのは土星だと思われていたためです。近代になって発見された、天王星・海王星・冥王星はトランスサタニアンと呼ばれて、区別されています。

私は、土星ってのは、太陽系を包む箱のような星に思えて仕方がありません。

土星を描いた藤井達吉が箱をいっぱい作った、っていうのは、なんだかとても自然な気がするのです。

ところで、7月8日からの後期展示では、本物の鳥の羽を使った作品も見られるらしいです。学芸員の方も、すごいと思いつつ、ちょっと気持ち悪いなあと思ってしまったそうで、とても興味深い。なので、また行かなくっちゃと思っています。

ポストカード

posted by kanaliyahouse at 19:38| Comment(1) | TrackBack(0) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ギリギリでこちらに移行しました。
また、よろしくお願いしますね♪
Posted by nakamama at 2014年07月02日 20:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。