2013年08月18日

ペルセウス座流星群を見てきました☆

ペルセウス座流星群です

先日、ペルセウス座流星群観測ツアーに参加してきました。

一泊二日のバス旅行で、山梨方面の原っぱに行って敷物を敷き、大地に寝っ転がって6時間も夜空を眺めるというツアー。
そのほか、農場見学やら、諏訪湖クルーズやら、影絵美術館見学やら、ひまわり畑やら、もろもろついて三万円弱。


申し込む前、私は迷いました。
だって。

高いでしょ。
そして無駄が多すぎるじゃありませんか。

シンプルに星だけ見て帰るツアーは一万円なのに。

しかし、うっかりしていて、シンプルな一万円ツアーは全て満席になっていました。

それに、三万円バスツアーにも惹かれる点があったんです。

それは、「お一人様限定」ツアーということ。
参加者全員が一人参加のツアー。もちろんホテルも一人部屋。
取り寄せた案内を見ると、
「これはお一人様限定のツアーですので、もしも、お友達やご家族と一緒に参加された場合は、それを当方が察知した時点でご辞退いただきます」
という、キビシイ文章が。

むう。。。
なぜにそうまでして「ひとり」にこだわるのか。。。

私もひとり参加ですが、別にそこまで「ひとり」へのこだわりはありません。
別にお友達やご家族がいたっていいじゃん、と思いますが。

。。。面白い。

そう思ってしまったんですねえ。
それで申込金を払ってしまいました。






新宿の集合場所に行ってみると、参加者の皆さんの年齢の高さにびっくり。
たぶん、平均年齢65歳くらいじゃないでしょうか。
48歳の私が全然若手です。
ほんの数人、30代くらいの女性がいますが、あとはみなさん、人生の大先輩ばかり。
そして、ほとんどが女性です。40人くらいのバスの中に男性はたった4人。
このひとたちがみんな、「ひとり」参加なんだな〜。。って。

高齢化社会って、こういうことなのかなあ〜なんて思ったりして


観測場所は標高1100メートルほどの山の中の原っぱでした。
夜の9時から真夜中の3時まで、みんなで流れ星を見ました。

ひとつ流れる度に歓声が上がって、とても楽しかったです。
しゅっ、と、空に線を引くように、星が流れて、とても綺麗だった。
全部で30個くらいの流れ星を見てきました。

思えば私、流れ星を見るのは生まれて初めてでした。

真夜中に大地にごろんと横になって何時間も夜空を眺めるなんてのも初めて。

いくつになっても、初めて、ってのはあるんだなあ。。と思いました。


写真は、ケアンズに皆既日食を見に行ったときにお世話になったFさんがお撮りになったものです。
私は天体写真を撮るなんて無理。。。
でも、ブログを読んでくださっている皆さんに、少しでも雰囲気を味わっていただきたくて、掲載させていただきました。



それにしても、寒かったです〜
真夏で、昼間は40度くらいの気温だったくせに、夜は15度くらい。
12時くらいまではまだ大丈夫だったのですが、日付が変わり、ぐんぐん寒くなって凍えました〜
一応、冬用のダウンジャケットと、ユニクロの、内側にフリースのついた暖かいズボンを持って行ったのですが、足りなくて、上から雨合羽を被りました。

あと、夜露。
幸い雨は一滴も降らなかったのですが、夜露が凄くて、しっとりどころか、ビショビショに濡れました。

ケアンズの時も思いましたが、
星を見るって、単に空を眺めるだけじゃなく、自然についての勉強になるな〜、と感じました。


私は何も知らなかった。
夏の夜の山がどんなに寒いか、とか。
寒いのに虫がいっぱいいる、とか。
雨が降らなくても夜露対策が必要だ、とか。


人生の大先輩の皆様も、流れ星を見るのは初めてという方が多く、
「今の綺麗だったね〜」
なんて、星の話をするときは、少女みたいな声でかわいかった。

誰の中にも、初めての冒険にワクワクするこどもが住んでいる、と感じた夜でした。

posted by kanaliyahouse at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。