2013年06月03日

紳士の耳毛

半年ほど前の土曜日、電車にのんびり揺られていると。

私の目の前に立っている、三、四人の男の人たちの会話が聞こえてきました。

みなさん、休日出勤帰りなんでしょうか、それともベンチャー企業のイケてるリーマンなんでしょうか、なんだかお洒落でかっこいいひとたちでした。

ひとしきり私の全くわからない、彼らの仕事の話の後、話題は意外な方向へ。

「あのさあ、おじいちゃんってさ、どうして耳毛が生えるのかな」
「は? なんすか、みみげって?」
「耳に生える毛だよ」




「耳に毛なんか生えるんすか?」
「生えるんだよ。年を取るとさ、こう、耳から毛がふぁっさーっと」
「えっ、マジすか」
「マジマジ。お前、知らないの?」
「耳だけじゃなくてさ、眉毛もこう、ふぁっさーっとなるんだよ」
「ええっ、マジすか」
「マジマジ。昔さ、村山さんっていう総理大臣とか、すごかったよ〜」
「へえ〜、おもしろいっすね〜」

わはははは。
くだらない話題ですが、なんか楽しそうだな〜、と思っていると。

「実は俺もさ」

と、ちょっと年かさらしき男性が言いました。

「この前、家で鏡見てたらさ、耳から毛が出てんだよね」
「えええ〜!!」
「まじっすか!」
「○○さん、まだ全然そんな年じゃないじゃないすか〜!」

う、嘘、と私も思わず顔を上げて、話題の男性を確かめてしまいました。
むう。。
40代後半か、50代前半?
髪にちらほら白いものが混じっているものの、舘ひろし似のイケメンです。

あ、あのひとの耳に、耳毛。。。
まさか。。。
冗談でしょう、と言いたかったのですが。

「ほ、ほんとだ〜、○○さん、生えてますよ〜!」
「抜きましょうか、抜いちゃっていいすか〜」
「ん? 抜いた方がいいかなあ」
「絶対抜いた方がいいっすよ〜」
「似合わないすよ、○○さんに、耳毛は!」
「そうお? じゃー抜いてくれる?」

なーんて話になり。
やがて

「痛っ!」

耳毛を抜いてもらったらしい、彼の悲鳴が休日の車内に響いたのでありました。
いっぺんに引っこ抜いちゃったのかな〜

posted by kanaliyahouse at 22:30| Comment(4) | TrackBack(0) | からだのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぶぁは・は・は・は・・・!!!
ごめ〜んなさい、思わずわらっちゃった!

その場に居合わせたような臨場感。

舘ひろし似の男性が涙ぐんでいるのが、目に浮かぶわ〜〜〜
Posted by ふくろう at 2013年06月04日 10:12
♪ふくろうさん、コメントありがとうございます。

よかった〜
この記事、つまらないかもな〜と思って、半年くらい温めてたんです。

笑ってもらえてよかった☆

きっと井の頭線の舘ひろしも、イタイ思いをした甲斐がありましょう。

Posted by kanaliya at 2013年06月04日 21:57
うふふ( ´艸`)
なんだか可笑しいですね

耳毛…

明日からの電車で
おじさんの耳毛チェックしてしまいそうです
Posted by kasuka at 2013年06月05日 23:49
♪kasukaさん、コメントありがとうございます。

えへ。
かわいいでしょ☆

私もおじさんやら、猫やら犬やらの耳毛をチェックしています。

Posted by kanaliya at 2013年06月06日 22:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。