2010年11月24日

はじめての東京旅行

先週末、福岡の両親が上京してきました。
ふたりが来ることが決まったのは9月頃だったのですが、それから私の頭はそのことでいっぱい。

なにしろ、父と母が東京に来るなんてはじめてなんです。

いや、今までも日光とか、行ったことはあったんですよ。そのときに東京を通ることはあったんですが、それはまあ、素通りというか。


ふたりに行きたい所を聞いてみたところ、えっ、と驚くような答えが返ってきました。





それは、弟の卒業した大学。
弟は多摩地区の某大学を出たのですが、ふたりはそこへ行ってみたい、そして、できたら、学食でお昼を食べてみたい、というのです。

ふたりは今年73歳。
こつこつ真面目に働いてきて、父は今年の頭まで、仕事を続けていました。大きな旅行もしたことはなく、派手な買い物とかもしたことはありません。

はじめて行く東京で、行きたいところが、自分の息子の卒業した大学の学食だなんて。。。

あまりに小さな、あまりにつつましい望みです。

私はすぐに大学に電話をし、
「一般のひとも学内に入って、学食でごはんを食べさせてもらっていいですか?」
と聞きました。

すると
「もちろんいいですよ、近所にお住まいの方もよく食べに来られるんですよ」
と、優しく教えてもらえました。



父は、若くして両親を亡くしています。
高校生の時には、父には、母親も父親もいなかった。
長男だった父は、大学進学を断念し、働いて、弟や妹の面倒をみたのです。

そして父は、自分が行けなかった大学という場所に、弟と私を行かせてくれました。

だから、もしかしたら、父のこころの中には、「大学」という場所への、きらきらした憧れの気持ちがあるのかもしれない、と私は勝手に思っています。



父と母は、うれしそうに、大学構内を見てまわり、「安いなあ」と喜びながら、学食でごはんを食べました。

そして、夜は私のマンションに泊まり、みんなで近所のスーパーへ行き、母の手料理を食べました。

父と母の言う「東京」とは、弟と私の住む場所だったのだな、と、思いました。
私が、父と母と親友に会うことが、「福岡」なのだと思っているのと同じように。



posted by kanaliyahouse at 20:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カナリヤさんのご両親らしいですね(*^_^*)
「息子の卒業した大学に行って、学食で食べてみたい」なんとな〜く分かる気がします。好きな人、大切な人が過ごした場所って、自分にとっても特別な場所ですもんね。
近所のスーパーで買い物をして、お母さんの手料理を嬉しそうに食べている、カナリヤさんの幸せそうな笑顔が目に浮かびます。ご両親も嬉しかったでしょうね(*^_^*)
お料理上手なカナリヤさんのお母さんの手料理・・・相当おいしいんだろうなぁ・・・
Posted by きんた at 2010年11月24日 21:12
♪きんたさん、コメントありがとうございます。

>好きな人、大切な人が過ごした場所って、自分にとっても特別な場所ですもんね。

うん。。
そうですね、たとえば私なら、弟の職場とか、見てみたい気がします。あと、父の職場だったところや、母の通っている詩吟教室☆

>お料理上手なカナリヤさんのお母さんの手料理

うっ。
いや〜、私はお料理上手じゃないですようう。
私の友人にすっごいお料理上手な主婦がいるんですが、彼女らにくらべたら。。。
(恥)

Posted by kanaliya at 2010年11月24日 22:13
浅草でも築地でもベイブリッジでもなく、大学。
毎日触れていたであろう風景を見たい、素敵なご両親ですね。

東京というとしばらく行ってませんが出張でしょっちゅう上京していた頃は、キラキラガヤガヤしたところは避け、下町や住宅地を好んで歩いていました。
都心の店はどこもかしこも光っていて、夜中でも人が一杯。
刺激を沢山貰い、それでも帰りの飛行機で福岡の上空になると『あ〜帰ってきた』とうれしくなる。

今ではもうすっかり正真正銘の田舎モノになりました。
でもブログでお知り合いになれた方々の場所をニュースでみると、八王子だと●●さん、所沢には●●さん、京都には●●さんと●●ちゃん、東京にはカナリヤさんとかあちこちに馴染みができて、それも楽しいです〜。
Posted by ふくわうち at 2010年11月25日 17:12
♪ふくわうちさん、コメントありがとうございます。

いろんな旅行の仕方があると思うのですが、私もどちらかというと、キラキラした名所より、大切なひとに会いに行く旅が好きなタイプです。

旅先であっても、「生活」を感じていたい、と言いますか。

私もこのブログのおかげで、日本のあちこちに大切なひとができて、うれしいです。
また、前からの友達とも、ブログのおかげでより絆が深まっています。

今年の年末は福岡には帰らないのですが、福岡に帰ったときには、ふくわうちさんのお店に行くことも、既に私の「福岡」にはしっかりと組み込まれています☆

母は、ふくわうちさんのお店がとても気に入った様子で、「また行こうね」と楽しそうに言っていました。これからも、よろしくお願いいたします。
Posted by kanaliya at 2010年11月25日 18:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。