2010年11月09日

江戸三十三観音巡り 第十一札所は八百屋お七の眠る寺


第十一札所















日曜日、江戸三十三観音巡りの第十一札所、圓乗寺に行ってきました。

ここは有名な八百屋お七のお墓があります。





お七が運命の恋人 佐兵衛と出会ったのが、圓乗寺だそうです。
愛しい恋人にもう一度会いたい一心で、放火をしたお七。
そしてその罪で命をなくしたお七。

わずか十六歳だったお七。


東京にいらっしゃる、三十三の観音様にお参りする旅は、観音様だけじゃなく、いろんなひと、いろんなことに出会わせてくれます。

お七のお墓があるなんて知りませんでした。


お七のお墓は、角が削られて丸くなっていました。
なんでも、お七の墓を削ったものを持っていると恋が叶うのですって。





posted by kanaliyahouse at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸三十三観音巡り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。