2009年09月09日

母カナリヤの挑戦

先週、福岡の母からクール宅急便が届きました。

ハンバーグ、肉じゃが、漬け物、肉まんあんまん。。などなど、母特製のお総菜に混じって、見慣れないものが。

それは、「バターケーキ」。

粉と卵とバターだけのシンプルなパウンドケーキです。


実は。。
母がこのケーキを焼いたのは、実に30年ぶり。
今月最後の土曜日に、星とアロマセラピーの講座の2回目を開くのですが、そのお客様とのお茶タイムにお出ししたいと、私が母にリクエストしたのです。











私がこどもの頃、母はよくおやつに手作りのケーキを作ってくれていました。スポンジケーキやシュークリーム、草餅などなど。

でも、こどもたちが離れて暮らすようになり、母はほとんどお菓子を作らなくなりました。唯一、作り続けていたのはキャロットケーキだけ。
理由はキャロットケーキしか、離れたこどもたちに送ることができなかったからです。
(スポンジやお餅は硬くなるし、シュークリームは輸送の途中で壊れてしまいます)

だから、母はこの30年弱、キャロットケーキしか、お菓子は作っていません。


第1回目の星とアロマセラピー講座のとき、お客様に母のキャロットケーキを召し上がっていただいたのですが、みなさん、「おいしい」と、とても喜んでくださいました。

となると、2回目も、何かお出ししたい。。
できれば、今回も母の手作りのもの。
そして、できれば、1回目とは別のものがいい。。

それで、母にお願いしたのです。

「キャロットケーキ以外のケーキも作ってみて」
と。

しかし、母は最初
「毎回、キャロットケーキでいいやん。お母さん、それしかしきらんよ」
と言って、乗り気ではありませんでした。

だから私も、無理言ったらいけないのかなあ。。と、半分あきらめていました。

でも、母は先週、急にケーキを焼いて、送ってくれました。

バターケーキ。
ほんとはパウンドケーキなんだけど、レーズンなどのドライフルーツは入ってない、シンプルなもの。
実は、バターケーキは、私が一番最初に好きになった、母のケーキなのです。
当時、私は小学校4年生くらい。
母もまだ、ケーキ初心者で、あんまりふくらまなくて、ぺちゃんこだった。でも、買ったものより格段に味がよくて、私は夢中で食べました。

レーズンとか入ってるものより、何も入ってないものの方が、生地のおいしさがはっきりわかって、好きだった。


30年ぶりに食べた、母のバターケーキは、しっとりして、なんともいえず、美味しかった!
うん、これなら。

講座を受けてくださるお客様にもお出しできます。


それにしても。
母は今年、72歳になるのです。
72歳で、30年も作ってなかったバターケーキを焼いてみる。。
いつか、私が母と同じ年になったとき、果たしてそんなことができるんだろうか、と思います。

そして、母は、さらなる新作への挑戦も宣言してくれました。

ま、あくまでお茶タイムは講座後、という扱いなので、母のケーキ作りは義務ってわけじゃないんですけどね。
でも、母は挑戦してくれるみたいです。

母に負けないよう、私も精進しなくては。。

星とアロマセラピー講座は9月26日土曜日開催予定です。
(もし、受けてみたいなあというお気持ちがあるのに、1回目を受けていないから、申し込めない方がおられましたら、ご都合のいい日に、1回目の講座を行いますので、お気軽にご相談ください。1回目の内容はこちら




posted by kanaliyahouse at 20:04| Comment(8) | TrackBack(0) | お母さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
チャレンジってかなりの勇気と気力が必要なのに…
素敵なお母様ですね
前回頂いたケーキもとても美味しかったです♪

次回も楽しみにしております
Posted by kasuka at 2009年09月11日 12:18
すてきなお母様ですねー!
バターケーキをいただきに行きたいです、いえいえ第二回目の講座に行きたいですぅ・・・
次に行ける日はいつになるか分かりませんが、そのときはよろしくお願いします<(_ _)>
Posted by きんた at 2009年09月11日 17:06
♪kasukaさん、コメントありがとうございます。

>チャレンジってかなりの勇気と気力が必要なのに…

そうそう!
そうなんですよね〜
勇気と気力、どちらも持つのは大変なことです。

母は恥ずかしがるので、自分のことをブログで書かれるのはあんまり好きじゃないのですが、同じ女性として、そして人生の先輩が頑張る姿に私自身が勇気づけられたので、記事にしてみました。
Posted by kanaliya at 2009年09月12日 09:02
♪きんたさん、コメントありがとうございます。

私の夢は、福岡で講座を開くことでもあります。
きんたさんが来られないときは、私が行けるようになりたい。。

そのために、がんばりますう。
Posted by kanaliya at 2009年09月12日 09:04
お母さんてありがたいですね。
大臣の母も73歳なので同じくらいです。
離れていてもいつも気遣ってくれますから恐縮しています。
講座がんばってください。
Posted by げら at 2009年09月12日 15:01
お母様のケーキ、また食べられるのですね〜♪
バターケーキ、とっても楽しみにしています♪
勿論、講座も楽しみですよ〜☆(笑)
Posted by ゆみ. at 2009年09月13日 22:57
♪げらさん、コメントありがとうございます。

私たちのお母さん世代は、とにかく愛を注いでくれるひとが多いように思います。リリーフランキーさんの「東京タワー」を読んだとき、あ、このお母さんはうちのお母さんと一緒だ、と思いました。

私にはとても、あんな風に与え続けることはできない、と思います。

大臣さんのお母さまも、きっと、与えてくださる方なのだろう、と感じました。
Posted by kanaliya at 2009年09月19日 21:49
♪ゆみさん、コメントありがとうございます。

あはは〜
もはや私の講座イコール、母のケーキおひろめ会と化しております〜

講座の準備をはじめなくっちゃ〜
Posted by kanaliya at 2009年09月19日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。