2006年08月20日

福岡アジア美術館で陳進展を見てきました☆


合奏_1934



















先日、故郷福岡へ帰省したのですが、思いがけない幸運に恵まれました。

それは、この写真の絵を見ることができたこと。
福岡アジア美術館で、台湾の女流画家、陳進さんの絵画展を見ることができたことです。

いつも楽しみにお伺いしているred_pepperさんの「夙川日記」で、陳進展を紹介なさっているのを読ませていただき、うわあ。。この絵が見たい。。と熱く思っていたのでした。


悠間_1935サンティモン社の女_1936









台湾の女性が描く日本画。。
それはとても懐かしいような、それでいてエキゾチックで、私は激しく魅了されました。

陳進さんの絵は肌の質感・表情もさることながら、衣装が美しい。。
特にこの「合奏」はグレーという、地味な色を用いながら、なんとも上品でさまざまな色を感じました。
裾のスリットから覗く、下履きと靴の色っぽいこと。。。

村上無羅_基隆燃放水灯図_1927PCM_06_08_11_0009.jpgPCM_06_08_11_0007.jpg







同時開催の日本時代の台湾絵画展も良かったです。

東京より、距離的に台湾に近い福岡で、暑い季節にこの絵画展を見られたことは素晴らしいことだと感じました。

この美術館には、アジアを意識したおみやげもの屋さんや、オブジェがあります。
それがなんとも私のアジア心をくすぐります。
posted by kanaliyahouse at 10:18| Comment(8) | TrackBack(1) | アート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
陳進さんの展覧会は神戸であった後、福岡に行っていたのですね。
つい最近観たのに何だか、懐かしく思い出しました。やはりこの『合奏』は、落ち着いた色合いが、美しく描き出されていて素敵でしたね。
螺鈿の煌く感じなんて、どうやって出すのだろうと思ってしまいます。
Posted by red_pepper at 2006年08月20日 10:37
♪ああ!れ、red_pepperさん、コメントありがとうございます。

何が「ああ!」かというと、記事の中にお名前を出させていただき、リンクを貼らせていただいているので、許可を頂くコメントをred_pepperさんの日記に入れさせていただこうと思っていたからでした。

それを書く前にred_pepperさんから早くもコメント頂戴したので、慌ててしまった次第。。。

すみません〜!!

red_pepperさんに教えていただき、見逃してしまって半ばあきらめていた「合奏」を見られて、ほんとに嬉しかったです。

すばらしいですね〜
何度でも何度でも見たい。。
そんな絵画との出会いでした。
ありがとうございます。
Posted by kanaliya at 2006年08月20日 11:10
5月に私も初めてこの美術館に行きました。
本当に素敵なところでした。
この陳進展も行きたかったのですが、う〜〜ん、
9月に行けるかただ今調整中なんです。
なんとしても行きたくなりましたよ〜。
Posted by リセ at 2006年08月20日 20:57
♪リセさん、コメントありがとうございます。

>なんとしても行きたくなりましたよ〜。

きゃあ〜
なんという嬉しいコメントでしょう☆

福岡アジア美術館と陳進さんの作品は、ほんとうにぴったりと響きあい、すばらしかったですよ〜

私ももう一回行きたいくらいです。

是非リセさんの感想をお伺いしたいです。
Posted by kanaliya at 2006年08月20日 21:07
kanaliya さん、こんばんは。
私もとても素敵なred_pepperさんの記事でこの画家を知り、とても感心した記憶が蘇ってきました。
こうして、再び画像を見ていると、この「合奏」と云う作品、しっかり私の記憶の中に入り込んでいましたし、red_pepperさんの仰るように、陳進さんの内面をも表現したホントにいい作品ですね。
よい経験してきましたね。
Posted by sekisindho at 2006年08月20日 23:25
♪sekisindhoさん、コメントありがとうございます。

絵を見る、という行為は、言葉じゃないコミュニケーションが確かにあると実感させてくれると思いました。

陳進さんのことを何も知らなくても、この絵を見るだけで、激しく反応する私がいます。

ほんとにいい経験をさせていただきました。

Posted by kanaliya at 2006年08月21日 07:00
実はあの時私も、いつものkanaliyaさんのブログにしてはえらくあっさりしているな、と思ったのです。あれって途中だったのですね。偶然だったのですが、あんなこともあるのですね。失礼致しました。
リンクを張っていただきありがとうございました。
今日、あの日の展覧会を改めて懐かしく思い出しながら拝見させて頂きました。
Posted by red_pepper at 2006年08月21日 19:13
♪red_pepperさん、コメントありがとうございます。

あはは〜
全て見られていたのですね〜
私は複数枚の写真をアップするときは、いきなり写真を上げちゃって、写真の大きさとか位置とかを変えながら文章を足していくので、ときどき、作り中ってことがあるんですよ〜

なんですかねえ
ラブログのちっちゃい確認画面では感じがつかめなくて、嫌なんですよねえ。。

>リンクを張っていただきありがとうございました。

こちらこそ、素敵なアーチストを教えていただき、ほんとうにありがとうございます。
これからもred_pepperさんの日記を楽しみにしています!!!

Posted by kanaliya at 2006年08月21日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

福岡一人旅(1)福岡アジア美術館
Excerpt: 東京には年に3〜4回、気軽にお出かけするのに、これまで福岡という都市には出かけたことがなかった。JRで博多を通って熊本まで、というルートは何回かあったけど、福岡に滞在する目的は今回が初。なぜ思いついた..
Weblog: 虹色の扉
Tracked: 2006-08-20 20:53
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。