2006年05月28日

林文子さん(ダイエー 会長兼CEO)の講演を聞いてきました!


おみやげ昨日、パソナグループの『職博』というイベントに行ってきました。
テーマは「女性のチカラ」。
女性の社会進出の今後を探る、みたいな博覧会だと聞いて、ほう!と思いました。

ビジネスセミナーや、IT、農業セミナーや海外進出、アロマセラピー体験や育児コーナーなどなど、面白そうな催しがいっぱい。

パソナ、がんばってんな〜、と思っていたら、おおお!沢山いるパネラーの中に、ダイエー会長林文子さんの名前が!!!

これは申し込むしかない!!


林文子さんは女性でありながら、ホンダのトップセールスマンになり、BMW新宿支店支店長、中央支店支店長として全国最下位の支店を一位にした功績をかわれて、フォルクスワーゲン東京の社長になった方。
そしてちょうど一年前に、株式会社ダイエーの代表取締役会長兼CEOになった方。

女性で社長になったひとって、私、他にいないと思うんですね。
あ、いや起業家はいますよ。
たかのゆりさんや、アパホテルの社長さんとか、起業なさって自ら社長になって大成功を収めた方はいます。

でも、林さんのように、普通に組織の中に入って、しかも一セールスマンから、大企業のトップにまで駆け上がった女性は他にいないと思います。

林さんは小柄で、声のよく通る、堂々とした女性でした。
面白いお話の中で、一番私が印象に残ったのは、ホンダでの研修のお話でした。

林さんがホンダの販売店に入ったのは1977年。
女性のセールスマンは林さんの他、誰もいなくて、本社での研修も女性だからという理由で断られたそうです。

それで、販売店の店長さんが、じゃあ、ぼくが研修をしてあげよう、と言ってくださったそうです。
見積書の書き方やホンダの車について教えてくださった店長さんが研修の一番最後に教えてくれたこと。

それは、車の洗い方だったそうです。
お客様に納車する前に、担当したセールスマン自ら、こころをこめて車を洗う。
「プロの洗い方は違うんだよ!」
と長靴姿でみずからホースを持ち、洗って見せてくれた店長さん。
そしてワックスをキレイにかけて、車のドアを開けて、
「このステップのところに汚れが残っていたり、水が残っていてはいけないんだ。乗ってくださる奥様のスカートの裾が汚れてしまうだろう」
と言って、綺麗に拭いた、と。

店長さんに、車を売るということはこころを売ることだと、教えてもらった、と、林さんは仰いました。
それが今の自分の原点になっている、と、何十年も前のことを昨日のことのように仰る林さんは、なんて素晴らしいひとだろうと感じました。

えっと、話は変わりますが、写真は、職博に行っただけでもらえたおみやげです。
シャンプー・リンス、お茶、洗剤、美容液、肌に貼るシート、洗顔パウダー、ボディミルク、レジャーシート。

このほか1ドリンク無料券ももらえたんです。

女性だからという理由だけで、本社での研修を断られてしまった林さんの時代とは全然違いますね〜
私たち、恵まれている。
もっともっと、がんばんなくちゃなあ、と思いましたことです。
posted by kanaliyahouse at 12:40| Comment(6) | TrackBack(1) | 太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そんなイベントがあったんですね。私も聞いてみたかったな。
仕事でそこまで昇っていく、常に努力して進んでいく、その源ってなんなんでしょうね。
私も、そういう情熱を持ちたいな〜と思います。
Posted by happycolor at 2006年05月28日 13:34
♪happycolorさん、コメントありがとうございます。

パソナは今、いろんな試みを勇気を持ってやっている感じがして、注目している企業です。
これが刺激となって、ほかの企業でもこんなイベントをやってくれるといいなと思います。

>仕事でそこまで昇っていく、常に努力して進んでいく、その源ってなんなんでしょうね。

ほんとうに。
林さんのお姿を拝見できただけで、勇気と力が湧いてきました。
やるぞ〜!って感じです。


Posted by kanaliya at 2006年05月28日 13:41
本当にそうですね。彼女の様に一企業に入って、社長まで駆け上がった人は確かに居ないのかも。。それも、寂しい話で。。
私、ほぉ〜〜。華麗な経歴で凄い女性だなぁ〜とは思っていたのですが、カナリヤさんの様にここまでバックの事を考えていなかった。。
本社研修、女性だからってお断り・・・。あんまりです。。でも、林さんのような方がいらっしゃったから、(まだまだですが、)ココまで来たのかな。
丁度私が生まれた年!
今生まれた子達が、私と同じ歳になったとき、
「私が生まれた時はね、結婚して子供を生む時にキャリアを捨てないといけなかったの・・・。職場復帰はなかなか出来なかったのよ。。」と、過去形であるようになって欲しい。例えば、男性も育児休暇を貰える。妻と”平等”に子育てをする社会になって欲しい。
Posted by ブウ at 2006年05月28日 16:40
♪ブウさん、コメントありがとうございます。

まあ、1977年生まれなんですか〜
すごいなあ、若いなあ、いいな〜

私は自分の能力が足りなくて、仕事で悔しい思いをしたことは何度もありますが、女性だからといって、不当な扱いを受けたことはありません。

でも、私よりちょっと上の世代のひとは、女性だから、悔しい思いをしたことがいっぱいあったみたいです。

>例えば、男性も育児休暇を貰える。妻と”平等”に子育てをする社会になって欲しい。

そうですね。それが一番重要なことだと思います。
Posted by kanaliya at 2006年05月28日 22:05
kanaliyaさん
こんばんは。昨夜のチャットの続きです(笑)
先日ブックオフの社長に、パートさんから出世して社長になられた女性のお話がTVなど賑わしてましたね。
こんな決断の出来るブックオフの経営者を褒めるべきか、この女社長が凄いのかと云えばやはりどちらも凄いですね。
こんな出来事から、時代が動いていくのだと思います。
Posted by sekisindho at 2006年05月28日 23:52
♪sekisindhoさん、コメントありがとうございます。

>パートさんから出世して社長になられた女性のお話がTVなど賑わしてましたね。

ああ、あのねのねの清水邦明さんのお姉さんですね。あの方はすごいですね〜
はじめはたまたま入ったパートだったと聞きました。

彼女のようなひとの活躍はほんとにすがすがしくって、いいなあと思います。
Posted by kanaliya at 2006年05月29日 07:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

社長の仕事はね、社員を幸せにすることなんだよ
Excerpt:  青い目の紳士は、彼女を真っ直ぐに見つめながら言いました。 「社長の仕事はね、社員を幸せにすることなんだよ。あなたなら、そういう 経営者になれる。日本には女性にトップマネージメントを任せる考え方が無 ..
Weblog: 自分探しの心の旅
Tracked: 2006-06-07 15:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。