2012年09月23日

まりあのニューヨーク

今日の東京は、朝から雨です。
どんより暗くてとても寒い日曜日。

ふとつけたテレビに私は引き込まれてしまいました。

タイトルは「まりあのニューヨーク」。
まりあさんという、たぶん私よりちょっと年上っぽい女の人の闘病記です。

私がテレビをつけたときは
筋肉が動かなくなる病気で、クリスマスまで保たないかも。。って余命宣告されてしまったシーンでした。

ドキュメンタリーです。

ああ、この女の人が「まりあさん」で、このひとが本当に亡くなるんだ。。。と思いました。

まりあさんはキャリアウーマンで、ニューヨークで仕事をしていたひとで、独身で、麻布十番の素敵なマンションに一人で住んでいました。
一人暮らしの闘病生活を、お友達が支えていました。
車いすを押したり、お手洗いの介助をしたり。。。



続きを読む
posted by kanaliyahouse at 17:08| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

名も知らぬお隣さん

このマンションに引っ越して、もうすぐ四年です。
新しい住まいにも慣れ、街にも愛着が出てきたんですが。

前のアパートにも、まだ思いがあります。

それは。。

お隣さん。


前のアパートにいた頃、洗濯物を干して、部屋でぼーっとしていたら。
急に雨が降ってきてしまったことがありました。

私ったら、全く気づかなくって、そのまま何もせずに部屋にいたんです。

そしたら、
「お隣さん! 雨降ってますよ!」
って、声がして。

「えっ!」
って驚いてベランダに出てみると、ほんとに雨が降っていて、お隣の家に住むお嫁さんらしきひとが洗濯物を取り込んでおられました。
どうやら、彼女が声をかけてくれたみたいで。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 20:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 家のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

竹宮恵子さんの講演会に行ってきました

先週、青山ブックセンター本店で行われた竹宮恵子さんの講演会に行ってきました。

竹宮恵子さんと言えば、「風と木の詩」「地球へ…」など、沢山の名作を描かれてきた超有名漫画家。
私は「私を月まで連れてって!」が特に好きで、何度も読み返しました。
私の月好きのルーツは「私を月まで連れてって!」かもしれません。

私は全然知らなかったのですが、竹宮さんは現在、京都精華大学で教授になっておられるとか。
京都精華大学はマンガ学部という学部があるんだそうです。
それにもびっくり。

いいな〜
私も超昔に漫画家になりたいな〜って、夢見たことがあるんです。
前に吉本ばななさんも何かのインタビューで言っておられました。

自分の文学はマンガだって。
ほんとはマンガ家になりたかったけど、絵が描けなかったから小説家になった。って。

その気持ち、超わかります。
私の文学も、間違いなく、マンガです。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 09:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々の暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

ああ、憧れの作家生活

今年の4月の終わり、念願の作家デビューを果たしたことは書きました。
ま、作家といっても、電子書籍なので、なんちゃって感は否めませんが。。。

でも、なんとなくあの日から、私の生活は変わってしまったように思います。

今日も小説のために会社を休みました。
今、新作を書いているんですが、なかなか出来上がらず。

小説家になったとはいえ、私のような、なんちゃって小説家では、とてもそれだけで生活はできませんので、
今まで通り、派遣でプログラマーをやっています。
平日働いて、土日に小説を書く。
当たり前ですが、休みはなくなりました。

むしろ、土日がメインで平日は会社で休む、って感じです。
会社勤めはもう25年、プログラムの仕事だって、そろそろ10年選手ですから、そんなにシャカリキに頑張らなくても、そこそこ仕事はできちゃうんです。
仕事を調整して、今日みたいに休むこともできる。
そもそも休みやすい、っていう利点を考えて、派遣をやってきた、っていうのもありますし。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 21:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。