2008年11月30日

私が台湾に行きたいと思った理由 その1

二年前のこと。

私に、ある出来事が起こりました。

その頃、私はある小説を書くために、プログラマーの仕事を辞め、家にいました。
朝、目覚めると、ふっと、私の中に全く別の小説のアイデアが降ってきました。

それは、戦争のこと。。

私が生まれる20年以上前に起こった第二次世界大戦。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

台湾新幹線で台中へGO! !


台湾新幹線車内






台湾で誕生日パーティーをしてもらったということは書きました。

しかし、それは実は誕生日の前日。翌日の誕生日当日は台湾新幹線で台中へ移動。うふ。
台北駅10時30分発、嘉義駅11時56分着の台湾新幹線。
御値段は700台湾元なり。

でも、なんと台湾新幹線は時間帯によって値段が違うんです。
同じ新幹線に朝乗ると1000元とか。
日本にあてはめて考えると、のぞみで東京から博多に行くのに、8時の新幹線と10時の新幹線で値段が違うようなものです。
おもしろいな〜

今回は情報通のSS子が安い切符を調べ、台湾在住のMMちゃんが前日に駅に行って、買っておいてくれました。この安い切符は駅に直接行かないと買えないみたいなんです。
うう、ありがとう。。SS子。MMちゃん。。

台湾の新幹線ってどんなだろう、と思ったら、超快適。

駅もかっこいい!
posted by kanaliyahouse at 09:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

次回カナリヤショップは。。

カナリヤショップを開きたいと思っていることは書きました。

あの記事を書いた日は、すぐにも開きたい!と思っていたのですが。。

えっと。。
ううーん、ごめんなさい、諸般の事情でしばらくお店は開けなくなってしまいました。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 21:04| Comment(2) | TrackBack(0) | カナリヤショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

Happy Birthday in Taipei


バーステーケーキ
















44回目のバースデーを台北で迎えてから、もう2週間になります。
は、速い。。

写真は台北の火鍋のレストランで、友達が開いてくれた誕生日パーティー。
私ともうひとりだけが日本人で、あとは台湾のひとです。会話は日本語半分、北京語半分。日本語が全然喋れないひともいたので、細かな会話はできなかったけど、みんなが一緒で楽しくて、ごはんがおいしくて、嬉しくて、みんなのことが大好きで、ああ、いい夜だったなあ〜

私は日本にいると、あれこれ難しいこと考えちゃって、ひとりで煮詰まっちゃう人間ですが、海外に行くととてもラク。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 21:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月24日

レッドクリフを観ました


孔明














昨日、『レッドクリフ』を観ました。

ほんとは『20世紀少年』を観たかったのに、は!と気づいたら終わっていて、じゃあ『おくりびと』をと思ったら、それも上映時間が少なくなっていて、時間が合わず。

やむなく第3希望の『レッドクリフ』になったわけなんですが。

というか、ほんとは台湾から帰ってきて、さみしくて、中国っぽいものに触れたくなった、というのが本当です。昨日の夕飯も中華だったし。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 11:02| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月23日

リーマンのせいで派遣社員の残業が禁止されました

台湾旅行から帰ってきて、「モリモリ働くぞ〜」とはりきって出勤した月曜日。

1週間のお休みの報告と御礼を言いに、ボスのところへ行くと。

「ん〜、カナリヤさん」
と、何やらちょっと、言いにくいことを言いますよ、という空気。

「先週の会議で派遣社員の方の残業削減が決まりまして」
「えっ」
「カナリヤさんには残業ゼロでお願いしたく」
「ええっ、ゼ、ゼロ???」
「はい。できますよね?」
「は、はあ。。」

えっと、実はボスは私の仕事にとても理解があり、今までほんとに自由にやらせてくれていました。
開発の仕事は、進め方に波があるので、5時になりましたから帰ります、ってわけにもいかないし、逆に数日間、ポコンと仕事がなくなったりすることだってあるんです。

なので、今までは仕事の波に合わせて、時に残業、時に早退、とフレキシブルにさせてもらっていたのです。
それが、これからはきっちり定時から定時まで働きなさい、ということに。

つまり、会社にとっては管理しやすい働き方なのですが、実情には合わないやり方になります。

でも。。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 12:09| Comment(8) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月20日

箱、箱、箱。。。

今の部署に異動してきて3ヵ月。
実は1週間に1度の割合で嬉しいことがあります。

それは、お菓子の箱。
私は綺麗なお菓子の箱フェチなのですが、それがすっかり職場に浸透し、みなさんが箱をくれるんです〜☆
しかも、今の部署だけでなく、前の部署の方々も。

ああ、幸せ〜
と思っていたら、私の狭いアパートには入りきれないほど箱がたまってしまいました。

テレビ台の下の箱置き場からはとうに箱があふれ、クローゼットを開けようとすると、ガツッと箱が扉に挟まって開かなかったり、生活にも支障が出るほどに。

ううむ、これは。。
続きを読む
posted by kanaliyahouse at 22:56| Comment(6) | TrackBack(0) | カナリヤショップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

台湾で見た月は


玉山国家公園の月
















台湾で月を見てきました。
写真は台中の、玉山国家公園から見た月です。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 20:54| Comment(6) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

母には母の、やり方がある

こないだ、福岡の母から電話がありました。

「先月の29日、おかあさんもお財布を振ったよ〜☆」
と。
はて。。。
先月の29日といえば、新月の日。なぜに「お財布を振る」のか?

えっと、ちょっと前に「願いを叶える月のおまじない」の記事を書いたんですけどね。そこで紹介したのは、
@満月には月に感謝の言葉を叫びながら、からっぽのお財布を振る。
A新月には願い事を書く

というもので、お財布を振るのは満月なのに。
母はうっかり新月にお財布を振ってしまったようで。

「でも、面白かったよ〜」
と上機嫌。

ふはは、そうなんです。
私も勝手にやり方を変えて実践しちゃってるわけですが、結構みんな、勝手にアレンジして自己流でやっちゃうんだよな〜

会社で隣の席に座ってるAさんも、

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 09:01| Comment(18) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

久々の営業!しかし。。

金曜日、会社を休み、ある場所へ行きました。
そこは某有名大手出版社。
相手は業界では知らないひとはいない超有名編集者。

占星術本の新しい企画の売り込みです。

彼に会えることが決まったのは約三週間前。私はそれから企画を練り直したり、当日着ていく服を考えたり、ずーっと緊張していました。

企画に詰まると、少しでも好印象を持ってもらえるよう、歯のクリーニングに行ったり。

はああ〜

めっちゃ緊張して、会社に乗り込みました。



続きを読む
posted by kanaliyahouse at 08:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

オバマ大統領は水瓶座の化身

オバマがヒラリーと大統領候補を争っている頃からずっと思っていました。
オバマはなんて水瓶座っぽいひとだろうと。

あ、オバマさんは夏の生まれの獅子座なので、水瓶座じゃないんですけどね。なんかイメージが水瓶座っぽい。

私は水瓶座って、未来を目指す星座だと思っています。

えっと、時間がたてば自動的に結果としてやってくる「将来」じゃなくって、「こうなったらいいなあ」とか「いつかこうしたい」と願う、理想を込めた、「未来」。

たとえば宇宙旅行とか。SFとか。
国とか人種とか言葉の違いとか、そんなのは超越しちゃって、地球規模というか、「人類」が目指す、素敵な「未来」。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 占星術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月03日

「阪本順治監督『闇の子供たち』タイ上映禁止をめぐって。」

一ヶ月ほど前、阪本順治監督『闇の子供たち』を観ました。

大好きな阪本監督が、タイの裏社会をドキュメンタリータッチで撮った作品ということで、観る前から私の2008年好きな映画ランキング1位だったこの作品。

いや〜
すごかった。。

私は好きな映画を観た後は半年くらい、他の映画を観たくなくなります。理由は他の映画を観ちゃうと、その映画が私の中で過去のものになってしまうから。
逆に次の映画を観なければ、折に触れ、その映画がふわっと私の中に甦り、何度も何度もその映画について考えることができます。

何も映画館やDVDで映像を見ることだけが映画を観ることじゃないって、私は思います。

その映画の世界に浸ること。
その映画の言いたかったこと、伝えたかったこと、映画の醸し出す空気について考え続けること。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 10:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。