2006年06月28日

台湾旅行記3 台湾式朝ごはん☆(BlogPet)

昨日、kanaliyaが
29『青の炎』貴志祐介 30『ゆう先生宿と妖精ホテル』福永令三 31『今夜、すべてのバーで』中島らも
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「鉄次郎」が書きました。

posted by kanaliyahouse at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

さよなら、わたし

台湾で髪を切ったことは、こないだ切った直後に台湾のネットカフェで記事をアップしました。

髪を切るということ、実は、もう20年くらいやってませんでした。
あ、いや、長さを揃えるとか調髪の意味で美容院には行ってましたよ。でも、ずうううっとロングヘアーだったんです。
うん、20年。

20日ほど前、15年来の恩師が亡くなったのですが、そのときしみじみ、終わったなあ。。と思ったんです。
私の20年が。

そして認めなければならないと思った。
もう、自分は東京に出てきたばかりの二十代の女の子じゃないこと。一生懸命がんばってきたけど、結局なんにも、できなかったこと。

先生はもう、いないんだってこと。



続きを読む
posted by kanaliyahouse at 11:37| 土星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

台湾旅行記5 夜市の熱い夜はふけて


夜市MRT淡水線で剣潭駅で下車すると、もうとっぷりと夜。
でも、こうこうと電気がついていて、街中がとても明るいなあと思いました。
士林夜市という、台湾で一番大きな夜市だそうです。
夜市って、ナイトマーケットですね。

士林って、スーリンって読むのだそうですけど、8年ほど前、タイのスーリンっていう街に旅したことを思い出し、まあ、台湾にもスーリンがあるのね、とちょっと嬉しく感じました。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 09:19| Comment(12) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

台湾旅行記4 愛しのマンゴー豆花と、張さんのお茶☆


マンゴーかき氷大学を後にし、MRT国父記念駅近くへ移動。そこで髪を切り、その様子をネットカフェでアップした後、デザート屋さん騒豆花へ。季節限定のマンゴーの豆花です。
豆花はトーファーと読むそうで、大豆を原料としたお菓子らしいんですけど、よくわかりません。。
でも、ふわふわで冷たくて、もうたまらんですたい!の味でした。

騒豆花は小さくてかわいいお店でした。




続きを読む
posted by kanaliyahouse at 14:51| Comment(6) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月21日

台湾旅行記3 台湾式朝ごはん☆


キャンパス楽しいバスの旅を終えると、バス停にはSS子が心配そうに待っていてくれました。

SS子の案内で、SS子の通っていた大学へ。

綺麗なお嬢さん方がかわいい服でキャンパスを闊歩しています。ああ、まぶしい〜

しかし、若干違和感が。。
よく見ると、みなさん、日傘ではなく、普通の雨傘を日傘として差しています。
なるほど、こっちの雨はものすごいらしいから、日傘と雨傘兼用のかわいい傘など、あまっちょろくて差せるかい!って感じなのかもしれません。

負けじと私も持参の雨傘を差してみました。
するとあら不思議、たったこれだけのことで、私も台湾の一員というか、風景にしっくり馴染む気がしました。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 18:40| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月20日

台湾旅行記2 ひとりでバスに乗ってみる


バス前日、夜中の3時まで飲んでいた私ですが、旅行という緊張感のおかげで大寝坊するということもなく、9時前にはホテルを出て、SS子の住む街へ、ひとりでバスに乗って出かけました。

台湾にはMRTっていう地下鉄があるんですが、バスがものすごく発達していて、バス移動がとても便利なんです。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 14:27| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

花泥棒は罪にならない(BlogPet)

きのう鉄次郎が、kanaliyaの緑とかblogされたみたい…


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「鉄次郎」が書きました。

posted by kanaliyahouse at 12:43| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月19日

台湾旅行記1 檸檬海老と友情に酔った夜

3泊4日の台湾の旅。
台湾到着後、ツアーのバスで台北のホテルへ向かったのですが、到着したのは夜8時半でした。
(ほんとはもっと早くに着くはずだったのですが、同じツアーのおじさんが荷物のピックアップに手間取って全然出てこなかったり、私には用のない免税店へ行かねばならなかったりしたので。。)

チェックインして、台湾在住の友人SS子に電話をすると、すぐにホテルに迎えに来てくれました。


檸檬海老SS子に連れられて、海老のおいしいお店へ。
檸檬海老という、揚げた海老と青菜の炒めものを注文し、カンパーイ!



続きを読む
posted by kanaliyahouse at 12:29| Comment(8) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月18日

台湾から帰ってきました!


九分































昨日、無事台湾から帰ってきました。

写真は映画「非情城市」のロケ地として有名な九份(きゅうふん)です。

台湾ではずううっとハイテンション、そして気が張っていたので、あんまり疲れを感じなかったのですが、今はまだぼううっとしています。

もう少ししたら、日課のブログ訪問へ参りますので、まずは帰国のご挨拶まで。
posted by kanaliyahouse at 09:15| Comment(18) | TrackBack(0) | 太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

台湾より愛をこめて


台湾で髪切り中






















台湾に来ています!
うれしいなったら、うれしいな!
今日のメインイベントはこれです。
髪を切っています。

台湾のすばらしい美容師 Oさんに切ってもらいました。
Oさんのやりかたは、なんと立って切るんです。
すっごい真剣な顔が目の前にあって、どきどきします〜

Oさんは独身で素敵な彼女を募集中です〜
なんとお忙しいのにお店を抜けて、今私がいるインターネットカフェに案内してくれたんだよーん!
posted by kanaliyahouse at 16:17| Comment(10) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

台湾旅行に行ってきます!

一週間前、とても悲しいことがありました。
私は91年に上京してきたんですけど、その15年間で最も悲しい出来事でした。

でも、私はどこかでそのことを受け止めるために、あらかじめ準備してたんじゃないか、と今、感じています。

まず、ずううっと忙しく働いていたのに、今この時期にぽっこり仕事をしてないこと。
それから、仕事を辞めてから、ひとに会うことがめっきり減っていたのに、あの日から今までほとんど毎日、ひとに会う予定があらかじめ組まれていたことです。

あの日は福岡から友人が来ていて、表参道ヒルズに行きました。翌日はその子と東京見物。そして次の日はお通夜、その次の日はご葬儀、おとついは蛍見物。。と、ほとんど連日、ひとりじゃなかった。

なんだかすごく、守られている感じです。

そして今日から、私は台湾へ行きます。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 09:59| Comment(18) | TrackBack(0) | 水星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月13日

それでも地球は回り、私は進んでゆく

ガムテープの芯を使った箱です。みなさん、ガムテの芯を捨てるときは、私を思い出して〜以前、お世話になったフラワーライブに、今回も箱を展示させていただくことになりました。

フラワーライブとは、お花屋さんの一角で、花に囲まれて花にまつわる物語の朗読と音楽を楽しむ、という素敵なイベントです。

植物がいっぱいあるから、空気がものすごく澄んでいて酸素が濃密。ほのかで自然ないい香りもただよっているし、座ってるだけで異空間。
そこで聞く物語はまさに夢心地です。

お花に混じって、お花をテーマにしたアート作品も展示する、ということで、何人かのアーチストの方たちが作品を展示なさるのですが、なんとありがたいことに、私の箱も、それに混ぜていただけるのです。
ものすごく、光栄です。。。

えっと、箱って何?っていう方のためにちょこっとだけ書かせていただきますと、実は私、数年前になぜだかガムテープの芯の箱を作る人間に突然なってしまい、以来時々憑かれたように箱を作ってしまう変態なんです。。(恥)


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 09:45| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月11日

はじめてのデート

4日前、私の先生が亡くなったことは書きました。

先生はここ3、4年ずっと癌でした。
何度も手術をしてその度に癌を取りきったと思っていたのに、取りきれなかった。最後はもう切ることはやめて、癌とともに生きていくことを選ばれました。
だから、いつか、こうなることはわかっていました。

私は一度も先生のお見舞いには行けませんでした。
それは最初の入院のとき、学校から、「生徒が大勢お見舞いにうかがったら先生のおからだにさわるので、許可が出るまで病院には行かないように」と言われていたのを、ずうっと守っていたのです。

とても行きたかったけど、ずうっと我慢していました。

先生は何度も入院して、病院から教室にタクシーで来て、授業が終わったら、また病院へタクシーで戻ったりもなさっていました。


続きを読む
posted by kanaliyahouse at 08:14| Comment(20) | TrackBack(0) | 太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月08日

六本木ヒルズでK-1 エクササイズしてきました!(BlogPet)

今日、kanaliyaが
こないだMやがぐっとちに遊びに来たとき、「ぐっとわっ、カナリヤちゃん、テレビ台が斜めになってるじゃん!
って言ってたけど…

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「鉄次郎」が書きました。

posted by kanaliyahouse at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリ無し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月07日

先生が亡くなりました。

私の通っているライタースクールの先生が亡くなりました。

私は東京に出てきて15年なんですが、そのほとんどを見てくださった、父親のようなひとです。

うん。
私は実の父を受け入れることができなくて、ずっと苦しかったのですね。
大人の男の人が恐かった。
今も私は大人の男の人といると、身がすくんでしまうことがあります。

先生は、私が身をすくませずに接することができる、ほとんど唯一と言っていい、大人の男のひとです。

先生はうんと怒るときもあったし、厳しいことも仰るけれど、私は先生の前で息ができないほど恐怖を感じることはありませんでした。

いつも優しかった。いつも面白いことを言って笑わせてくれた先生。
先生と出会って、私はこんな男のひともいるのだと思いました。
先生を父親のように慕うことで、私の中のひしゃげた何かが、救われていたように思います。

ゆるぎない、大人の男の人。何があっても味方になってくれる絶対的な安心感。
先生がそばにいてくださったから、不安な東京生活に耐えることもできた。

知らせを聞いて、まだ数時間です。
まだ、実感がわきません。。

すみませんが、二、三日、日記を休みます。


posted by kanaliyahouse at 16:25 | TrackBack(0) | 大切なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月06日

宇宙空間トマト


PCM_06_05_27_0003.jpg











宇宙空間でトマトを育てたら、とんでもない巨木になると何かで読んだことがあります。
大手町の地下の農場のトマトは、宇宙で育つトマトに似てる気がします。
このトマトも結構大きな木なんです。

植物は自分で自分の生きる場所を選べないでしょう。
ほんとはこいつは、どこで生きたかったのかな。

posted by kanaliyahouse at 20:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 火星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビルの地下の水田


PCM_06_05_27_0008.jpg













「おいなりさん」を「お稲荷さん」と書くのだと知ったときから、なんとなく稲は日本の神様だと感じていました。
私はほとんど毎日、お米を食べて、お米に生かしてもらっていますし。

大手町のビルの地下の水田は、何か神殿のように神聖な感じがします。

posted by kanaliyahouse at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 火星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月05日

ぐっと一本

PCM_06_05_31_0001.jpg黙ってましたが、ちょっと前から禁酒しています。

あ、いや、別に完全に止めたわけではなくて、前は毎日飲んでいたのを、減らしたんです。
んーと、そうね、週に1、2回くらいに。

あんまりきっちり決めると、やらなくては!みたいな感じになってストレスなので、飲みたくなったらガマンせずに飲んでいます。

でも、15年くらい毎晩ビールを飲んできたので、家に帰ってきたとき、くうーっと何か飲まないと口寂しい。。
で、始めたのがこれです。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 19:35| Comment(12) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月04日

1年で100冊読むぞ!29『青の炎』貴志祐介 30『ゆうれい宿と妖精ホテル』福永令三 31『今夜、すべてのバーで』中島らも

いつでも本が読めると思ったら、かえって読まなくなりました。
すっかりペースが落ちています。

『青の炎』貴志祐介

蜷川幸夫さんが映画化なさって、話題になった作品です。映画は観なかったんですが、嵐の二宮和也さんが主役で、かなり気になっていました。

高校生が主人公のミステリーです。
父親を殺すという衝撃的なストーリーで、それを警察や探偵ではなく、犯人の少年の目で描いた作品。こういうのを倒叙推理、っていうのだそうです。

面白かったけれど、倒叙推理を高校生を主役に書いてやるぞ、みたいな作者の気合いが先に伝わってきて、物語に埋没できませんでした。

おすすめ度 ☆



続きを読む
posted by kanaliyahouse at 19:31| Comment(10) | TrackBack(0) | 太陽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月03日

手描きアートの、宝物の靴

PCM_06_06_02_0004.jpgクローゼットの奥から宝物の靴が出てきた。

3年ほど前、手描きの花に一目惚れして衝動買いした靴。
この絵を描いたひとが自ら小さな出店で売っていたのだけれど、かわいくて感じのいい品物ばかりが並んでいて、私はすぐになにもかも気に入った。
思わず靴をほめてお店をほめたら、店長であるそのひとは「アリガトウゴザイマス」とカタコトの日本語で答えた。

タイのひとだった。
それだけで嬉しくて、私はへたくそなタイ語で一生懸命「綺麗」とか「かわいい」とか言ってみた。そしたら、彼女は目を見開き、ほんとにびっくりした顔をして、そして私たちは友達になった。

続きを読む
posted by kanaliyahouse at 19:32| Comment(6) | TrackBack(0) | 土星 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。